身近な生活用品を使って掃除をする方法

カーペットの掃除は寝転んだ時の気持ち良さが大切です 清潔な環境は健康的な生活に欠かせません。特に小さな子供がいる家庭では清潔な住環境に特に気を使うのではないでしょうか。一方、エコブームや自然派の生活が注目される中で市販の掃除用品を使わない自然派の掃除を行う人もいます。

自然派の掃除には市販の掃除用品を使わずに身近な生活用品を利用します。例えば、ホコリ取りはマイクロファイバーのモップが有効ですが、要らなくなったストッキングやタイツで代用できます。窓の汚れは酢と水を1対2で混ぜたものをスプレーしてから窓拭きを行って下さい。濡らした新聞紙で水ぶきする方法もお薦めです。一方で、水周りは自家製の掃除用洗剤が有効です。その作り方は、酢と重曹を同じ分量で混ぜるだけです。殺菌効果を高めたいならティーツリーのアロマオイルを加えて下さい。使い方は必要な所にスプレーするだけです。酢と重曹は口に入っても問題ない上、安く手に入ります。フローリングは掃除機をかけた後、ミカンの皮で雑巾がけすればワックス効果を出すことができます。畳を綺麗にするには乾いたお茶の出がらしを畳全体に撒きます。その出がらしをホウキで掃き掃除します。出がらしが畳内の細かいホコリを絡め捕り、お茶の成分が殺菌してくれます。

自然派といわれる掃除法の殆どが昔からあるおばあちゃんの知恵袋です。洗剤等の化学成分で掃除をするのも一つの方法ですが、もう一つの方法として自然派の掃除法を試してみて下さい。